アン・バランス・ダイアリー

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

遅ればせながら・・・

今年初めての更新です。

皆様、今年もよろしくお願いいたします。

現在、ある試験を受けるため勉強の日々です。
はっきり言って、お尻に火がついてます。
正直言って、無茶苦茶難しいです。
でも、やるのなら悔いを残したくないので、やるだけのことはやろうと思っています。
好きな読書もいっさい休止。

ということで、あと10日間、頑張ってみます~~
[PR]
# by wa-ra-bi | 2005-01-12 20:31

「壬生義士伝」

2年ほど前に映画館で観たときは、もう観ているあいだずっと涙目だったほど、のめりこんでしまいましたが、今回は少し冷静に観ることができました。
「あれ?芹沢鴨が斉藤?何で山南総長が沖田?」と少々混乱しつつ・・・。

そういえば、映画館で観たときは、堺さん演じる沖田が許せなかったなぁ・・・「何にやけてるんだっ!沖田はあんな風には笑わないぞっ・・・!」って。
今観てみると、なかなか堺さんの沖田もいい感じでした。殺陣がかっこよかったですね。
佐藤浩市さんの斉藤もかっこいい!!

でも、個人的には、テレビ東京で制作されたテレビ板の「壬生義士伝」のほうが私は好きです。原作を本当に忠実に描いているので・・・。どうしても2時間でまとめてしまうとなれば、エピソードを選ばないといけないですから、仕方ないのですが。
ちなみにテレビ版の吉村は渡辺謙さん、斉藤は竹中直人さんでした。(この二人もグッドです♪)

映画の余韻がさめず、その春に岩手に飛んでいって「石割桜」を見たことを思い出しました。

次は「輪違屋糸里」の映画化またはドラマ化を・・・!!


今年最後の更新になります。よいお年を~~♪
[PR]
# by wa-ra-bi | 2004-12-31 21:49 | 映画・ビデオ

「ファインディング・ニモ」

b0038756_17531699.jpg息子へのクリスマス・プレゼントに贈ったDVDです。
う~~ん、なかなか面白かった。
ニモを捜すお父さんの気持ちが親として痛いほどわかって感情移入してしましました。
子どもの力を信じること、自分を信じること、そして自分以外の人(この話では「人」ではないですが)を信じること、勇気が必要なことではあるけれど、そういうことって大切なんだと思えました。
ちょっと頭がヨワイ(失礼!)けど、優しくまっすぐなドリーがなかなか魅力的。
鯨に食べられたと思ったら、実は鯨に助けられていた・・・というところがとくに嬉しいエピソードでした。
[PR]
# by wa-ra-bi | 2004-12-30 17:53 | 映画・ビデオ

隊士座談会

本当に急な決定だったんですね~
そりゃぁ、スペシャルのあれだけじゃぁ、全然消化不良でした。

いろいろ楽しい話が聞けたけれど、印象に残ったのは、堺雅人さんが切腹のシーンに向けてトレーニングをして筋肉をつけたこと、藤原竜也さんの演技がいいので、逆に三谷さん自身が沖田の台詞を書くときにプレッシャーを感じていた・・・・というお話。
やはりプロの世界はスゴイ、そしてカッコいい!

あと、「京香さんにアタックしろ」、と竜也くんにけしかけた、という話で、山本耕史さんってプライベートでも本当に土方だなぁ・・・・と妙に納得してしまいました。


わけあって、1ヶ月ほど読書はお休みします。
ほかの皆さんの書評は楽しみに拝読させていただきます~
[PR]
# by wa-ra-bi | 2004-12-30 15:05 | 新選組!

『天国の本屋 うつしいろのゆめ』 松久淳+田中渉

b0038756_0215557.jpg「天国の本屋」シリーズの第2作です。
結婚詐欺を続けては失敗している、「三流詐欺師」のイズミは、アロハシャツの変なおじさんに連れられて、ある老人の家にヘルパーとして通うことを依頼される。
とんでもない偏屈でイヤミばかりの「いけず」(ごめんなさい、これ大阪弁ですか?)な老人の家でのヘルパーの仕事は大変。でも、高額な報酬を頭のなかの電光掲示板にちかちか点灯させて、何とか頑張るイズミ。
でもそんな毎日は意外にもイズミにとって楽しいものだった・・・。

もう定番、って感じですね。おだやかにとても心地よく読み進められます。設定に少し無理があるかなぁ、と思うところもないではなかったですが、全体の優しい雰囲気がいいです。タイトルの「うつしいろ」というのも美しい言葉です。

「待つ」ことの辛さ、「待ち続けること」の真剣な思いに心うたれました。
誰にでも「いつまでも待っているもの、待ち続けていたいもの」ってあるのかもしれないです。

この本の次作が「恋火」なんですよね。その次ってあるのでしょうか?
うちの次男もこのシリーズお気に入りです。
[PR]
# by wa-ra-bi | 2004-12-25 00:22 | 読書

日々のこと、読んだ本のことなどを書いていきます。
by wa-ra-bi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
わらび(EKKO)
職業はケアマネジャー、趣味は読書、お気にいりは新選組(大河が始まる前から、新選組フリーク)、ワンピース・・・etc  とまぁ、こんな私です。気ままにぼちぼち書いていきます。


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹の告発。
from ぱんどら日記
夜のピクニック
from 乱読日記
『アブダラと空飛ぶ絨毯』
from 【徒然なるままに・・・】 b..
「日曜日の夕刊」(重松 ..
from 京の昼寝〜♪
「日曜日の夕刊」重松清
from AOCHAN-Blog
overdose
from overdose
online pharm..
from online pharmacy
夜のピクニック /恩田陸
from fish punch
村上春樹 再掲No9 ▲..
from 「本のことども」by聖月
[読書]いま、会いにゆき..
from でこぽんの読書日記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<空>