アン・バランス・ダイアリー

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

「犬は勘定に入れません」 コニー・ウィリス

b0038756_2219969.jpg2冊目のコニー・ウィリスです。
先日読んだ「ドゥームズデイ・ブック」とは雰囲気が変わって、明るく楽しいお話でした。
軽いタッチですらすら読める・・・はずが何故かとても時間がかかってしまいました。
面白かったのは、タイムトラベルを繰り返しすぎると、「タイムラグ」といって時差ボケのような症状を起こす、という設定。
とくに初めの前半部分は主人公のネッドがこのタイムラグ症状にあって、音声の識別ができなかったり、見当識を失っていたりするので、読んでいるこちらも少々戸惑ってしまいますが、何となくおかしくてとぼけた空気をかもしだしていました。

とぼけたといえば、ビクトリア朝で主人公が出会う人々も、どこかとぼけていて、楽しかったです。
気にいったのは、シリルというブルドック君。なかなかいい味を出していてひと言もしゃべらないのですが、存在感がありました。
中盤の、ミスターC探しの部分はテンポが良くて楽しく読めました。途中で何となくミスターCの正体は予想がついたので、後半の展開は嬉しかったです。引用の多いテレンスも愛すべきキャラクターでした。

ただ、先が知りたくてページをめくるのももどかしく・・・という感覚にはならなかったのが自分でも少し残念でした。
そういう意味では「ドゥームズ・・」の方が吸引力があったように思います。何よりわかりやすかった。
齟齬がどうとか、ずれがどうとか、何とかの戦いにナポレオンに・・・と複雑にめまぐるしく時代をかけめぐるのについていけず、もうひとつ乗り切れませんでした。
ということで「ドゥームズ・・」よりも私自身の評価は少し低めです。
でも、映像化したら楽しそうですね。

クリスティの引用は嬉しかったです。ポアロの「灰色の脳細胞」がこんな時代にも活躍するなんて!!
あと、「ボートの三人男」、これは読みたくなりますね~。機会があれば挑戦したいです。


*こちらでも読書日記書いてます(HNはEKKOです) Book・Diary・Book(本のプロ)
[PR]
by wa-ra-bi | 2004-11-12 22:19 | 読書

日々のこと、読んだ本のことなどを書いていきます。
by wa-ra-bi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
わらび(EKKO)
職業はケアマネジャー、趣味は読書、お気にいりは新選組(大河が始まる前から、新選組フリーク)、ワンピース・・・etc  とまぁ、こんな私です。気ままにぼちぼち書いていきます。


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹の告発。
from ぱんどら日記
夜のピクニック
from 乱読日記
『アブダラと空飛ぶ絨毯』
from 【徒然なるままに・・・】 b..
「日曜日の夕刊」(重松 ..
from 京の昼寝〜♪
「日曜日の夕刊」重松清
from AOCHAN-Blog
overdose
from overdose
online pharm..
from online pharmacy
夜のピクニック /恩田陸
from fish punch
村上春樹 再掲No9 ▲..
from 「本のことども」by聖月
[読書]いま、会いにゆき..
from でこぽんの読書日記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<空>