アン・バランス・ダイアリー

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

『アブダラと空飛ぶ絨毯』  ダイアナ・ウィン・ジョーンズ  徳間書店

b0038756_2045568.jpg実は、映画よりこちらを読んだほうが先でした。「ハウル」の続編です。
といっても、主人公はアブダラという夢見がちな青年。アブダラはラプシュート国で絨毯を売る商人です。ある日かれはある男から空を飛ぶ絨毯を手にいれ、この絨毯に連れていかれた庭園で、<夜咲く花>という美しい王女に出会います。そして一瞬のうちに恋におちました。ところが愛をはぐくむ時間もなく、彼女は何者かにさらわれてしまう・・。

なかなか面白かったです。前作と同様、楽しいキャラクターが多く登場し、にぎやかにストーリーは展開します。
アブダラが人に呼びかけるごとに、「宝石のようなお方」とか「尊敬すべき旅人殿」とか「いとも親切な戦士殿」とか、いちいちお世辞をくっつけるやりかたが少しわずらわしかったのですが・・・。よくもまあ、これだけ美辞麗句がするする出てくるものだと感心もしましたが。

王女たちを救出するラストの場面はとくに面白かったです。アブダラと<夜咲く花>の恋も嬉しかったですが、兵士とビアとリス王女が結ばれるところも良かったです。
ソフィーとハウル、それとカルシファー、そのほか前作に登場した仲間も終盤に登場します。ソフィーはとくに前作よりもパワーアップしていて、そのはねっかえりぶりを発揮し、アブダラを困らせたりします。

2作読んでようやくジョーンズの魅力がわかってきた感じです。機会があればほかの著作も読んでみたいです。

*こちらでも読書日記書いてます(HNはEKKOです) Book・Diary・Book(本のプロ)
[PR]
by wa-ra-bi | 2004-12-07 20:47 | 読書

日々のこと、読んだ本のことなどを書いていきます。
by wa-ra-bi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
わらび(EKKO)
職業はケアマネジャー、趣味は読書、お気にいりは新選組(大河が始まる前から、新選組フリーク)、ワンピース・・・etc  とまぁ、こんな私です。気ままにぼちぼち書いていきます。


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹の告発。
from ぱんどら日記
夜のピクニック
from 乱読日記
『アブダラと空飛ぶ絨毯』
from 【徒然なるままに・・・】 b..
「日曜日の夕刊」(重松 ..
from 京の昼寝〜♪
「日曜日の夕刊」重松清
from AOCHAN-Blog
overdose
from overdose
online pharm..
from online pharmacy
夜のピクニック /恩田陸
from fish punch
村上春樹 再掲No9 ▲..
from 「本のことども」by聖月
[読書]いま、会いにゆき..
from でこぽんの読書日記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<空>